ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2019/09/23 20時25分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 出来事  > 退役軍人、サイゴンへ歩く

2008年04月02日

退役軍人、サイゴンへ歩く

 軍服に身を包み、北部から南部への道程を歩く男性がいる。タイビン省出身のチャン・ゴック・ ソンさんだ。

 ハノイを出発して70日後となる4月30日の南部解放記念日に、彼はホーチミン市に到着する予定だ。

 「3月11日午前8時過ぎ、当直で軍にいるとソンさんが入って来た。話を聞いたら、彼の精神や意志に感動、感服するばかり」と、クアンチ省ヒエンルオン川遺跡区で働くトゥイさんは彼の日記に筆を寄せている。

 チュオンソンの軍人墓地を訪れるためクアンチで2日間過ごした後、彼はまたリュックを担ぎ、足を踏み出した。

 その旅は2月18日、ハノイ市のベトナム退役軍人会から始まった。荷物は数枚の着替えを入れたリュックと薬だけ。膨れ上がり、肌が剥がれた両足を進ませる。

 昔の戦場を訪れるために徒歩でベトナムを縦断するという考えを知った家族は、決して健康体ではないソンさんが、長距離を歩くことに反対した。

 だがかつての戦場を訪れ、それを通し自分自身の志や気力を鍛えるという決意は、変わらなかった。出発前には、天候にかかわらず毎日30?40kmを歩いて訓練した。

 だがそれでも、寒さで足が痺れ、かじかんで進めないように感じることも多々あった。今では天候に慣れ、足も道になじみ、一日平均で30?40kmを歩いている。

 「今回成功すれば、来年は足を失った友人と歩くつもりです。人生の一部を賭けた場所に、彼らは自力で戻れませんから」。ほこりで白っぽく色あせたリュックを肩にかけ直し、ソンさんはこう話した。

 ソンさんは1972年8月に入隊、タイビン省隊所属の51中隊に入った。クアンチ古城の守備戦では、補給部隊にいた。

 1975年に288連隊(395師団)に異動、1983年に健康状態が悪化するようになった。だが原因はわからなかった。

 1984年に3人目の子供が障害を持って生まれ、初めて枯葉剤の被害を疑った。

(Tuoi Tre)

このページを友人に知らせる

関連記事

ビンホアの虐殺、韓国人が土下座

地中から人骨、ハノイの大学前

5000年前の古代人の骨、ハティン省

タックスデパート保存計画が承認

木造建築保護で越人に「大文賞」

越軍総参謀長、ペンタゴン初訪問

石砲弾庫?胡朝城塞で見つかる

タンロン城地下作戦基地、公開開始

九州国立博物館で来春ベトナム展

枯葉剤被害、「100%汚染」ダナン

インド、ミーソン遺跡保存を支援

統一会堂に旗を掲げた人物逝去

宅地で不発弾、ホーチミン市タンビン区

津波の跡? 北中部ゲアンで発見

トゥーティエムフェリー、100年の歴史に幕

国土の2割が爆弾に汚染

胡朝の城塞が世界遺産、タインホア

チャンパ時代の古城跡発見

ゾン祭り、無形文化遺産に登録

北部山岳地で原始人の痕跡

正義の訴え、失われた四半世紀

ザップ将軍に銅鼓と剣を贈呈

歴史あるワインセラーを修復

巨大な書道作品、英雄に捧ぐ詩

ベトナム史探究を続ける日本人

グエン朝時代の大砲を発見

記事一覧

解放記念日とメーデーで4連休 ( 2018/04/18 )

指紋認証で子供のバス通学を管理、ホーチミン市 ( 2018/04/12 )

人口の16%が精神の健康に問題、ホーチミン市 ( 2018/04/11 )

U23ユニ競売「土地・朝食我慢」申し出も ( 2018/02/13 )

大阪発ハノイ行ジェットスター、乗客が荷物受取れず ( 2018/02/08 )

フーコック島に世界最長の海上ロープウェイ ( 2018/02/06 )

U23サイン入りユニ・ボールをオークションに ( 2018/02/02 )

「越に学べ」中国紙がU23代表を称賛 ( 2018/01/30 )

「Japan Sports Showcase」が開催 ( 2018/01/26 )

ニントゥアン省で津波避難訓練、1,000人余り ( 2018/01/22 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved