ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2019/11/19 09時20分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 政治  > ODA事業、支援拡大には改善を

2009年06月19日

ODA事業、支援拡大には改善を

 ダクラク省バンメトート市で6月8日、対越支援国中間会合が開かれた。ベトナム政府も支援国側もインフラ問題の解決や景気刺激を目指し、ODA支援の増加に努めているが、その努力も複雑な行政手続や現場での実行力の限界などの障害から困難に直面している。

 今年ODAの実行はかつてないほどに遅れ、多くの懸念を呼んでいる。年初5カ月の実行額は年間計画の38%、7億2,000万ドルどまりで、計画投資省カオ・ヴィエット・シン次官は、「工事の遅れが問題」と指摘する。

 しかし計画投資省と世界銀行の資料では、高いインフレが立退き補償と再定住の資金不足や、プロジェクト・入札承認の長期化を招いていること、また中央と地方の統制がとれていないことが示されており、こういった問題の根底には政府の管理体制があると指摘されている。

 世銀は1993年にベトナムへの財政支援プログラムが始まってから、ODA42件51億ドルを約束した最大の支援機関だ。だがこのうち38億ドルはまだ実行されておらず、特に農業農村、建設、交通、通信など10件のプロジェクトに問題がある。

 世銀ワシントン本部からもこれらの問題を検討するために担当者が訪れ、計画投資省と会合を持っている。世銀側の代表Victoria Kwakwa氏は、「状況が改善されなければベトナムへの支援拡大はできない。使い切っていない資金が多く残っているのになぜ融資の拡大ができるのか、上層部に説明する言葉が見つからない」と話す。

 一方、農業農村開発省グエン・ゴック・トゥアット次官は、いかなるプロジェクトも組織作りに2?3年を費やしているため遅れているとした上で、書類を送っても半年間何の反応もないことがあると世銀側の対応も指摘した。

(Sai Gon Tiep Thi)

このページを友人に知らせる

関連記事

カントー市、ハンガリーODAで腫瘍病院を建設

日越友好病院、2020年開院へ

ケミレス地下水処理、日本支援

ラックフエン港など4件に円借款

ODA、今後は地方への再貸出制

ビエンホアの排水事業450億円規模

フエ水環境改善、下水処理場着工

ドイツ、ベトナムの廃水管理にODA

独支援の発電所、中国企業施工

JICA、越北部の火発に円借款

野口氏講演、進む日越宇宙協力

デンマークが無償資金援助をストップ

「ゴム」時間、始まらないセミナー

日本のODA担当者を騙って詐欺

経済連携協定締結へ、日越交渉

ODA資金、有効利用に課題

ハロン湾、バイチャイ橋落成

日本のODA

記事一覧

バイク禁止、ハノイ市民9割賛成 ( 2017/06/30 )

オンボロバイク 回収提案 ( 2017/06/27 )

行政手続きに「Zalo」を活用 ( 2017/05/11 )

フック首相が訪米、今月末に ( 2017/05/05 )

政府、国民の声をネットで受付 ( 2017/04/10 )

原発中止、ベトナム国会で可決 ( 2016/11/23 )

ベトナム首相が10日から訪中 ( 2016/09/06 )

越政府新任期、農業相のみ交代 ( 2016/07/30 )

中国「越米関係の正常化を歓迎」 ( 2016/05/24 )

新国家主席・首相選出は今国会 ( 2016/03/21 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved