ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2019/10/21 17時33分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 経済  > ODA資金、有効利用に課題

2006年12月31日

ODA資金、有効利用に課題

 ODA(政府開発援助)について規定された新政令131号に関する会議では、ODA事業実施に議論が集中した。

 計画投資省によると、伸び悩んでいたODA実行額は、2005年度17億8,700万ドル(計画比103.9%)、2006年度は17億8,000万ドル(同101.7%)と、近年は計画目標を上回るようになった。

 だが支援側との合意水準には達しておらず、周辺諸国と比べても低い。2006年、世界銀行からの借款資金の実行率は13.3%だったが、周辺諸国では平均19.3%だ。

 アジア開発銀行(ADB)からの借款では、周辺諸国の7.29%に対しベトナムは5.9%である。事業管理・運営能力に問題があるため、特に教育・医療といった社会福祉事業で実行額が低迷したままだ。

 また用地回収・補償、ベトナム側と支援側の規定・手続きの相違、法律間の矛盾が、ハノイやホーチミン市の大型ODA事業の障害になっている。交通運輸省を舞台にした汚職事件が2006年のODA事業に悪影響を与えたのは周知の通りだ。

 計画投資省カオ・ヴィエト・シン次官は、大型ODA事業の進行の遅れが、支援縮小を招く危険性を指摘する。実際にホーチミン市水環境プロジェクト(世銀)、Quang Ninh省Ha Long市下水道・環境プロジェクト(世銀・デンマーク)といった一部事業では、支援金のカットが決定、または予定されている。

 南中部を除く地方で大型ODA事業が実施されており、1994?2005年のベトナム電力総公社による電力事業には総額50億ドルのODAが投入される契約だったが、プロジェクト進行は遅れている。

 昨年の対越支援国会合で、ある専門家は非公式に、「ベトナムは借入れには情熱的」と皮肉めいたコメントを残した。借入資金の有効利用については、厳しい見直しが必要だろう。

 

(Thoi Bao Kinh Te Sai Gon)

このページを友人に知らせる

関連記事

カントー市、ハンガリーODAで腫瘍病院を建設

日越友好病院、2020年開院へ

ケミレス地下水処理、日本支援

ラックフエン港など4件に円借款

ODA、今後は地方への再貸出制

ビエンホアの排水事業450億円規模

フエ水環境改善、下水処理場着工

ドイツ、ベトナムの廃水管理にODA

独支援の発電所、中国企業施工

JICA、越北部の火発に円借款

野口氏講演、進む日越宇宙協力

デンマークが無償資金援助をストップ

「ゴム」時間、始まらないセミナー

日本のODA担当者を騙って詐欺

ODA事業、支援拡大には改善を

経済連携協定締結へ、日越交渉

ハロン湾、バイチャイ橋落成

日本のODA

記事一覧

国内初のパイロット訓練センター、まもなく稼働 ( 2018/04/26 )

空港セキュリティ強化、監視カメラ増設 ( 2018/04/24 )

ベトナム人の飲酒、男性78%、女性22% ( 2018/04/20 )

タクシーのナンバープレート、黄色への変更を提案 ( 2018/04/19 )

ダラットイモ、個別パッケージで保護 ( 2018/04/13 )

Cat Linh−Ha Dong都市鉄道、チケットはバスでも利用可 ( 2018/04/09 )

輸出世界2位、履物づくりの「実力」 ( 2018/04/07 )

フーコック空港に1,000万人旅客ターミナル ( 2018/04/06 )

テトにダナンを訪れる外国人は13万人超の見通し ( 2018/02/10 )

外国の有名ブロガー呼んで観光PR、ダナン市 ( 2018/02/09 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved